事実は小説よりも奇なり(共謀罪について)

政治の動きで見過ごせない動きを一筆。

 

衆議院で数の力で強引に通された「共謀罪(テロ等準備罪)」法案。

これは単にテロを防ぐための法案だろうか?

僕は国家権力が国民を監視するためのものだと理解している。

 

元NSA(アメリカ国家安全保障局)職員のスノーデンが命がけで告発した――

NSA(国家安全保障局)がテロ防止を名目に世界中の個人の携帯を盗聴し、インターネットの個人情報を収集していることを。(アメリカ国内で30億件/月、全世界で970億件/月のインターネットと電話回線の傍受が行われていたという)

監視社会――すでにプライバシーは守られておらず、さらになきものにされようとしている。

 

誰のために在る国家なのか。

僕たち一人一人のために在るのだとしたら、この小説のような現実世界をどのようなものにしていくか、一人一人がペンを持って望む世界を表していく必要があると思う。

 

「共謀罪の狙いはテロ対策ではない!スノーデンの警告に耳を傾けよ」(小笠原みどりさん)↓↓

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50957

※上の写真はリンク元より使わせていただきました

 

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓