3.11 祈り

3月11日

南相馬市の同慶寺でのお祈りに参加させていただきました。

 

あれから6年。

生きている間に忘れることはない大きな出来事。

 

ただ祈るのは

すべてのいのちが平和であること。

 

そして、心に刻むのは

ご住職の徳雲さんもおっしゃっていたこと、

誰しもが持っている自分の仏性を育て、自らが調和の世界への変化の一部になること。

 

僕たち人間はどこに向かおうとしているのか。

 

同慶寺までの道中で目にした光景。

大地を覆う山積みされた黒いフレコンバッグ、敷き詰められたソーラーパネル。

海岸線には、延々と続くコンクリートの防潮堤。

 

母なる大地、母なる海が泣いているようだ。

 

文明の終わりと始まりの時。

 

あのときから、僕たちの心の中には、確かに始まっている新たな気づきと行動がある。

 

新たに始まる文明は、

いのちを生み育んでくれた海(地球)を母として、その子どもたちである生きとし生けるものたちを兄弟姉妹として、共に生きていく調和の文明ではないか。

 

僕たちの体や心に眠っている感覚を思い出す。

 

あなたはわたしでわたしはあなた。

 

手を取り合っていきましょう。

 

昨日は大分で、そして東京や岐阜でも(こちらは告知はなしでしたが)上映会を開いていただきました。

 

明日から「関東周辺上映ツアー」が始まります。静岡、神奈川、東京、愛知にて!

心震える映画「カンタ!ティモール」の上映もありますよ↓

http://bit.ly/2jmsQtx

 

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!^^

 

福島の旅は「関東周辺上映ツアー」を企画してくださったパワフルなお姉さま方、江美さん、雅ちゃん、艶子さんと。

 

3月10日は須賀川市の「銀河のほとり」へ。

克子さんの笑顔と食事で心も体も癒されました。

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓