2015年

4月

14日

祝島の漁業補償金 反対多数で否決

祝島の漁業補償金の議案は反対多数で否決されました(賛成24・反対28 議長除く)。

漁師さん以外の祝島の人たちや各地からも心配する人たちが集まり見守りました。

詳しい報告は後ほどアップします。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    堀内和恵 (金曜日, 17 4月 2015 12:55)

    福島原発の事故で居住困難地域となっている「浪江・小高」- ここにも原発計画がありました。住民たちの「共有地運動」で建設を阻止し続けてきたのです。土地の売却に同意していない人は後、一人という所まで追い込まれていましたが、「一人の不同意」は、原発建設を止める力となっていたのです。

    - しかし、電力会社による、誤解を利用した「総会決議」によるごまかし - これによって、各地の住民は、「総会決議が出たから、反対しててもしようがない。補償金をもらいましょう」と補償金を受け取ってしまったのです。補償金を受け取る事によって「埋立同意」となるのです。

    - 祝島の漁師さんの一人でも、補償金を受け取らない事は、「原発を止める力」となっているのです。

    祝島のみなさんのがんばりを、全国の人たちと共に、応援したい! と思います。

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓