続)福島などの水産加工品を“途上国”へ!?

日本(外務省)がODA(政府開発援助)予算に約50億円をつけ、福島県などの被災地で生産された(サバやサンマの缶詰などの)水産加工品や工業製品を“途上国”に送ろうとしています。WFP(国連世界食糧計画)と協力して行う予定とのことです。

 

この計画の中止を求めて、前回に続き、別の市民団体が申し入れを行いました↓(詳細はこちら「私たちの税金で放射能を海外に拡散しないで!」

以下を問題点として挙げています。

 

●日本の基準値以下であっても放射性物質が含まれている(または可能性のある)食品を途上国へ提供すべきではない。

 
●3月17日に厚生労働省によって定められた食品の暫定基準値は、原発事故の際の非常時の「暫定的」な基準であること。しかも、現在でも見直されており、来年4月にはより厳しくなる予定です。海外では、EU他、40ヶ国以上の国が日本からの食品の輸入規制・禁止している状況である。

 

東日本大震災と途上国支援は別個に考えるべきである。物資支援は、現地の経済支援のためにも現地調達するのが望ましい。

 

海外メディアもこの問題には注目しています↓

 

前回、別の市民グループによる申し入れの様子です↓

(詳しくは「確率的殺人に加担したくない / 福島の漁師の想い」 をご覧ください)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 スナメリチャンネルを応援してください! http://bit.ly/qB5rcp

 

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓