2011年

5月

17日

放射能から子どもを守りたい!福島の母たち

福島県いわき市から戻り東京にいます。
マスクをするのも、食事をするのも疲れました。放射能って厄介ですね。改めて感じました。

 

道中、ガイガーカウンターで測りながら行きました。
千葉県の守谷辺りで約0.3(マイクロシーベルト/時)と高いところがありました。
放射性物質が風で流れ、雨で大地に降り注いだのでしょうか。汚染は必ずしも原発からの距離に寄らず、ホットスポットのような場所ができているようです。

 

福島県いわき市は福島第一原発から40数キロ南に位置します。
風が海側に吹いていたこともあり、15日の線量はそれ程高くありませんでした。
しかし、これまでには相当な量のヨウ素が降り注いだと思われています。

 

町行く人の対応はさまざまでした。
マスクをしていない人の方が多かったですが、している人はやはり放射能が心配だということでした。中には線量計を持っている人もいました。

 

お子さんを持つ母親はとりわけ心配だと思います。
逃げるに逃げれない葛藤を抱えて生活している人たちもいます。
今回、福島のお母さんたちと知り合ったことで、より身近に感じるようになりました。
大人の責任で、都合で、子どもたちに許容している「年20ミリシーベルト」はすぐにやめさせないといけません。

 

このような原発がまだ要るでしょうか?
福島が未来を語っています。選択は私たちにかかっています。

 

原子炉は未だ危機的な状況のようです。最悪の事態にならないことを祈るばかりです。

 

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓