2011年

2月

07日

ベッドの上 同じ空の下

ベッドの上からこんにちは!

おかげさまで車いすで自由に動けるようになり、順調に回復に向かっています。

今日もいい天気です。窓の外を眺めると、赤い風船がふわふわ飛んでいました。どんな子が手放してしまったのか、地上の様子を見たかったけど、車いすではなかなか難しく、ベッドの上で想像するだけにしました。

同じ空の下、

「山口の上関」と「沖縄の高江」では今日もまた「原発」「米軍基地」建設のための工事が強行されようとしています。

【上関なう】「カヤック隊ブログ」http://ameblo.jp/nijinokayaker/

今日もまた祝島の人たちは船を出し、工事(工事区域を示すブイの交換)のためにやってきた巨大な台船を帰らせました。

今年に入って20回目になります。漁師さんたちは海を守るために、毎日仕事を休まなければならない状態が続いています。

【高江なう】「やんばる東村 高江の現状」http://takae.ti-da.net/

先程まで、作業員が200人規模でやってきていたようです。高江で守ってくれている人たちを応援しましょう!

* * *
 

★どうして話し合いながら進めないのでしょう?
 
話し合いをすると造れなくなるから、こうして強引に進めるのではないでしょうか。
 

★上関では、台船を持って来ては帰し、持って来ては帰しということが繰り返し行われていますが、どこにそんなお金があるのでしょう?
 
それは私たちから取っています。原発の建設費などは私たちの電気料金に上乗せしてよいというおかしな法律があるのです。しかも、かかった費用の数%をもうけとしてさらに上乗せして…。
これを総括原価方式と言います↓
http://3tarou.posterous.com/from-your-ubernote-account

残念ながら、私たちのお金は、ある時は爆弾となり、ある時は台船に姿を変え、多くの人を悲しませている。

願わくば、そのお金を、食べものに、薬に、ペンに換え、困っている人の元に届けてはくれないだろうか。

* * *

高江の現状↓

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓