2010年

10月

15日

田ノ浦に台船迫る!

中国電力が、本日早朝から埋め立て工事のための作業台船を田ノ浦に向かわせています。

祝島の船が出動し、上関の海域数ヶ所で作業台船を囲んで抗議しています。

 

陸(海岸部の方)でも、作業を行ってくるのではないかと思われます。中国電力は海岸部の入口にフェンスを張って入れないようにする計画をしています。そうなれば、みんなが自由に泳いだり、自然観察をすることもできなくなってしまいます。

田ノ浦は多くの絶滅危惧種が生息する生物多様性の宝庫です。今まさに生物多様性を守るための会議(COP10)が日本を議長国として名古屋で開かれようとしています。その流れにも逆行する行為です。地元住民や全国の100万人に届く程の声(反対署名)を無視して強引に作業を進めようとしています。

 

今、皆さんのお力が必要です。一人一人が行動し、海を守っていきましょう!できることを書いてみました。よろしくお願い致します。

 


1.現地へ向かう

田ノ浦に多くの人がいるだけで、「海を埋め立ててほしくない」という意思表示にもなりますし、中国電力による強引な作業もできなくなります。現地にいる人たちの励みにもなります。食料、水などを持参して集まってくれれば、とても助かります。

2.中国電力、山口県知事、電話、FAX、メールで作業をやめるよう促してください。


3.周りの方やマスコミや政治家にも情報をつなげ、現地に力添えください。



中国電力
TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185

中国電力 上関原発準備事務所
0820-62-1111

山口県知事への提言
TEL 083-933-2570
FAX 083-933-2599



昨日、中国電力は汚水を田ノ浦に流しましたが、その説明もなされていません↓
http://www.youtube.com/watch?v=t4x4PUjaHTc

先月9月9日には周囲に告知することなく夜間に作業台船を動かしました↓
http://www.youtube.com/watch?v=AEhZK0UF9G4

昨年11月には、クレーン台船が、祝島の漁船やシーカヤックがいる中でコンクリートを落とす作業を強行。結果、負傷者を出す事態になりました↓
http://www.youtube.com/watch?v=LcTr27HfZM8

 

 

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓