2010年

9月

03日

希望と失望

先月28日、祝島から田ノ浦までカヤックやサーフボードで渡るイベント『Watermen For Peace』が行われました!

天気は快晴。心地よい風を受け、リズミカルな音楽を耳にしながら、横断することができました。改めて、海の青さに感動しました。まさに、7世代先の子供たちに残したいものです。皆さん、ありがとうございました!!

ゴールの田ノ浦から【7 Generations Walk】のメンバーは名古屋に向けてスタートしました!

海を守りたい人たちによる様々なアクションが始まりました↓楽しみながら一緒にアクションしませんか?

【7 Generations Walk】とは、7世代先の未来に思いを馳せながら、その土地土地の自然や人と交流して学ぶウォークです。彼らは今年10月の国連地球生きもの会議(COP10)が開かれる名古屋まで歩きます。道中でも様々なイベントが行われるようなので、お近くの際はぜひご参加ください!山口~名古屋まで、どの行程でも自由に参加できます。

参加はこちらから→(HP) http://www.7gwalk.org/
今ここにいます→(ブログ) http://blog.7gwalk.org/

ウォーク隊は全部で3つ。他に、トンネル問題を抱える高尾山から、原発銀座と言われる福井県若狭から名古屋を目指して出発する予定です。

山口からのウォークに加え、海を漕ぐ人たちもいます。自信のある方はご参加ください!
【海守隊】 http://plus2008.web.fc2.com/cop10/info.html

海を漕ぐ人たちが、海からの視点で想いを伝える『想伝隊』というのも立ちあがっています。海を守りたいという想いから伝えたいことをどしどし書き込んでください!

最後に、7世代先に美しい地球を残そうと高尾山からの呼びかけです↓生物多様性じぶん条約を宣言しよう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

田ノ浦・現地で動きがありました!

今朝7時半に浜に降りると、桟橋の周りにぐるりと防護柵が張られていました。夜中から明け方にかけて、こっそり作業をしたのでしょう(中電さんは今日の午後、朝5時すぎから作業を始めたと発表したようですが、作業員に聞くと3時間はかかったと言っていたようです。準備を含めると夜中から始めたと思われます)。

この現状を変えていく変化の一部になりたい。みなさんの力を貸してください!
 
補足ですが、この仮桟橋周辺のフェンスは中電が4月15~16日に設置しようとしたものです↓

その時も何の説明もないまま、中電社員・作業員・警備員合わせて約140人が来て強引に押し切ろうとしてきました(あの時は、中電が管理する島根原発で数百ヵ所の点検漏れが発覚し、原発を緊急停止。さらに調査に当たっていた担当部長が自殺(真相は不明)したとの報道があった直後のことでした)。

今回は夜中にこっそりと作業を行ったようですが、これはブイの設置と同じやり方です。祝島の人たちが信用しないのも頷けます。この28年間、何回うそを重ねてきたのでしょうか。

でも、あきらめません。あきらめられない思いがまた強くなりました。

 

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓