2018年

10月

04日

地球家族と糞土師さんと

和歌山県は那智勝浦町の美しい山里「色川」で上映会を行いました。

 

台風の最中でしたが、集まってくださった皆さん、ありがとうございました!

会場は幸い!? 避難所にもなっている公民館でした。

上映後は持ち寄りごはんの交流会。色川に来る度、皆さん家族のように和気あいあいとされていて心温まるのです。 

映画に出ていただいた方たちのように、農的・自給的な暮らしをされている方も多く、祝島のように助け合いの精神が残る地域なので、肌感覚で響き合うものがあったように思います。交流会も盛り上がりました。

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

27日

いちゃりばちょーでーの心で

いちゃりばちょーでー(一度会ったら皆きょうだい) 

みんな違ってみんないい、そしてみんな繋がっているんだということを

心の芯に持っている方が沖縄県知事選に立候補してくれているということに僕は希望を感じます。

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

23日

ナマケモノは幸せです

(9/23)

神奈川よりこんにちは!

19日は戸塚にある善了寺・カフェゆっくり堂さんでの上映会でした。

 

「面白いな~!」と境内に入った時にわくわくしました。 

本堂とカフェの壁に使われている土と藁が柔らかな味わいを醸し出していて、カフェの入口には実った稲が頭を垂れてお出迎えしてくれました。

ナマケモノ倶楽部の辻信一さんたちがお寺の方たちと協力してつくっている場で、スロー(持続可能)な文化の創造と発信の場となっているのです。カフェのメニューや置かれている商品たちは環境に配慮されていて、つくり手のストーリーにも触れられるのが嬉しい。

上映会のごはんは映画に出てくる百姓庵のお塩と僕が初めてつくった梅干しも使っていただきました。上映会は、成田ご住職のお祈りから始まり、上映後は辻信一さんとのトークをさせていただきました。

続きを読む 0 コメント

2018年

9月

01日

9月10月の上映案内です!

大阪・神奈川・和歌山・兵庫 そしてハワイで上映会があります!

 

「スロー」や「GNH(国民総幸福)」をキーワードに、自然と調和した平和な暮らしや文化を発信し創造されているナマケモノ倶楽部の辻信一さんとのお話会&上映会も☆

お近くの方はぜひぜひご参加ください(^O^)

 

【9月】

◎9月6日(木)【大阪】 大阪市淀川区 ☆ナビゲーター・らんぼうさんが参加します

◎9月10日(月)【アメリカ】 ハワイ ホノルル

◎9月16日(日)【大阪】 大阪市中央区 ★監督が参加します

◎9月17日(月)【大阪】 能勢町 ★監督が参加します

◎9月19日(水)【神奈川】 横浜市 ★文化人類学者で環境活動家の辻信一さんと監督のお話会があります

◎9月29日(土)【和歌山】 那智勝浦町色川 ★監督が参加します

【10月】

◎10月5日(金)【兵庫】 西宮市 ★監督が参加します ※詳細は決まり次第アップします

続きを読む 0 コメント

2018年

7月

13日

「ウメ~」和歌山の日々

近況報告 フェイスブックより

 

(7月13日)

まだまだ災害で大変な方々がたくさんおられるのですね。

優しい手が差し伸べられ、良い方へ向かいますように…

 

さて、僕は久しぶりに屋久島にやってきました。

これから3週間滞在するので、ご縁のある皆さん、ぜひお会いしましょう!

そして妻(亜希子)はこの間フランスへ。

世界的に有名な禅僧で平和活動家のティク・ナット・ハンさんがつくるプラムビレッジに行きました。

渡航費を和歌山のプラム(梅)のバイトで貯めたというのもオモシロイ。

お互い成長して帰ってこれるように(^O^)

続きを読む 0 コメント

2018年

6月

16日

森・川・海とつながるところ

久しぶりの投稿になりました。

ブログからは離れていましたが、僕たちは元気に暮らしています!

 

近い方はご存知かと思うのですが、僕たちは暮らしの場を探しながら動いています。

思えば2年半ぐらい前でしょうか、「もっと自然の深いところで、森・川・海と一体となって暮らしたい」という気持ちになってから、上映で各地を回りながら夫婦でその場所を探してきました。

 

まだまだ落ち着かない身ですが、近況をお伝えするためにフェイスブックへの投稿をそのまま載せようと思います↓

続きを読む 0 コメント

2018年

3月

12日

3.11 歩み

東日本大震災から7年となるこの日は、神奈川県藤沢市の東勝寺さんで地域の方たちが上映会を開いてくださいました。

お檀家さんや自治会の方たちを中心に集ってくださった約200名の皆さんと共に過ごさせていただきました。

 

この授かりもののような映画でどれほど嬉しい出会いを頂いているでしょう。

 

今回のご縁は、昨年上映会を開いてくださった「Natural Kitchen SAN」のオーナーの和田さんやこの映画のプロデューサーと言えるほどに上映会を開いてくださっている冨永江美さんが東勝寺の和尚さんや自治会の皆さんと一緒に企画してくださいました。

皆さん、準備から開催までありがとうございました!

チーム「祝福(いのり)の海」!? いつも力になってくれる雅ちゃん、艶子さんにも感謝!

続きを読む 0 コメント

2018年

3月

07日

平和は食卓から コープ自然派という選択

一昨日は西宮市でコープ自然派兵庫さん主催の上映会でした。

上映会に関わってくださった皆さん、雨の中をお越しくださった皆さん、ありがとうございました!

上映後の分かち合いでは、アットホームな雰囲気の中、皆さん思い思いのご感想・ご意見をお話くださいました。

嬉しい出会いが沢山ありました。そして、お会いしたコープ自然派兵庫の理事の皆さんのお人柄とその取り組みに心を打たれました。

いのちが調和する世界はきっと優しい食卓から始まるのでしょう。

 

現代社会の問題点は、便利快適な暮らしを実現した反面、人と人との繋がりが薄れ、僕たちを生かしてくれている森・川・海(地球)や他のいのちへの感謝が薄れていることに帰着すると思っています。

僕たちが“経済”と呼ぶ主流のお金の回し方をしていては、年間に4万種以上の生物が絶滅し、地球が汚れていくばかり。

本来の、いのちが循環する、いのちの“経済”への転換が必要です。

 

いのちを狭い檻の中に入れて、商品と見なして大量生産・大量消費する「人間中心(ego)」的な在り方から、人間も生態系の一部として、いのち全体が健康でいられる「いのち中心(eco)」的な在り方へ。

続きを読む 0 コメント

2018年

3月

02日

和歌山に核のゴミを置く計画浮上!?

温泉や青い海、世界文化遺産の熊野古道が通ることでも知られる観光の町・白浜町に、原発から出る核のゴミを置く計画(中間貯蔵施設の建設計画)がうわさされています。

 

かつて紀伊半島には和歌山県に5ヶ所、三重県に4ヶ所、原発の建設計画がありましたが、それらを全て拒んできた歴史があります。

 

現在、稼働している原発は全国でわずかに3基。

この計画がささやかれているのは、昨年11月に関西電力の社長が「2018年には中間貯蔵施設の計画地を示す」と発表したからです。

それは、大飯原発の再稼働の条件として、核のごみを県外に持ち出すことを要求していた福井県知事に答えた形です。

現状、行き場のない核のごみは原発内の貯蔵プールにたまり続けています。

続きを読む 0 コメント

2018年

2月

19日

地球とつながるトイレ

友人のモーリーこと森雄翼(ゆうすけ)くんがおもしろいことをしているのでそのご紹介を!

 

和歌山県熊野川町で持続可能な暮らし(彼曰く「地球一個分の暮らし」)を目指して、地球とつながるアイデアやアイテムを生み出しているモーリー。

 

彼はこれまでに古民家を改修して素敵なオフグリッド(電力自給)のゲストハウスをつくったりしてきましたが、今回また大きな夢を乗せて世に送り出そうとしているものが…

 

このコンポストトイレ=地球とつながるトイレ!→http://offgrid.fun/

なんですね。

(今クラウドファンディング中で、先に商品を注文したり、彼のほしいものを送ったりすることで応援になります。明日の22時まで…直前のお知らせでごめんなさい)

続きを読む 0 コメント

2018年

2月

10日

2月3月の上映案内です!

2月】

◎2月24日(土)【福島】 喜多方市

◎2月28日(水)【東京】 練馬区 『江古田映画祭』

【3月】

◎3月5日(月)【兵庫】 西宮市 ★監督が参加します

◎3月7日(水)【東京】 練馬区 『江古田映画祭』

◎3月7日(水)【和歌山】 白浜市 ★監督が参加します

◎3月8日(木)【和歌山】 白浜市 ★監督が参加します

◎3月10日(土)【東京】 練馬区 『江古田映画祭』 ★監督が参加します 

◎3月11日(日)【神奈川】 藤沢市 ★監督が参加します

◎3月11日(土)【兵庫】 神戸市

◎3月31日(土)【山口】 山口市

続きを読む

2018年

1月

21日

地球家族との出会い~東ティモール~

大変遅ればせながら、新年初投稿!

今年もよろしくお願い致します!

映画「カンタ!ティモール」の地・東ティモールの旅から無事日本に帰ってきています。

 

なっちゃん・サダムさんのおかげで、もう言葉では表せないほど心に残る旅となりました。

なっちゃん・サダムさんはティモールの人たちと家族のような絆で結ばれていました。現地の言葉(テトゥン語)を話し、丁寧に関係を築いていることに感銘を受けました。その輪に交わらせてもらい、「カンタ!ティモール」の世界を体感させてもらいました。

続きを読む

 

祝福(いのり)の海」

 

ホームページ↓

 

 

facebookページ↓